ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーには、扱われている水やデザインなど、
さまざまな種類があります。
ウォーターサーバーの種類についてご紹介します。

水の種類

ウォーターサーバーのメインとも言える水の種類を重視する人も多いかと思います。
では、その種類について明確にご存知ですか?

ウォーターサーバーに生じる金額差は、主に水の種類によるものです。 なぜそこまで金額が変わってしまうのか、正しい情報を知ることで、先入観にとらわれないウォーターサーバー選びが可能になります。

各社が扱う水の種類は、大きく分けて以下の5種類です。

水の種類
ナチュラルウォーター

限られた場所の地下水を原水としていて、ミネラルが含まれていない水のことをさします。
ろ過や加熱処理などのほかに人工的な処理をしていないものがなナチュラルウォーターで、
これに人工的にミネラルなどを加えると、ミネラルウォーターになってしまいます。
天然ではなくなってしまうため、ナチュラルミネラルウォーターにはなりません。
一般的に「天然水」と言われているのは、
ナチュラルウォーターかナチュラルミネラルウォーターの2つのみ。

チュラルミネラルウォーター

フレシャス、コスモウォーター(天然水)、クリティアが採用しているお水です。
限られた場所の地下水を原水としていて、ミネラルが含まれている水のことをさします。
必要最小限のろ過のみ行い、ミネラル成分の調整をおこなっていないため、
その時々で味が変わることがあります。
また、火を通さない非加熱処理のものはその地で採れた
水そのもののおいしさを自宅で体感できます。
ただし、生の水のため傷みやすく、管理には気を使う必要があります。

ミネラルウォーター

アクアクララが採用しているお水です。
ナチュラルミネラルウォーター同様に地下水を原水としているものの、
品質を安定させるためにミネラルなど加え人工的に成分を調整しています。
市販されているペットボトルなどの水は
このミネラルウォーターに分類されることが多いです。
ナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターとは違い、
ろ過や加熱殺菌のほかに、複数の原水を混ぜることも可能です。

ピュアウォーター(RO水)

コスモウォーター(プラスプレミアム)が採用しています。
不純物を一切含まない水のことをさします。
逆浸透膜(RO膜)でろ過した水のため、RO水ともよばれています。
徹底的にろ過を行い、不純物のない純粋なH2Oにほとんど近い水になるので、
水源には特にこだわる必要はありません。
ミネラルを含まない超軟水のため、生まれて間もない赤ちゃんには最適だといわれています。
ピュアウォーターにミネラル調整を行うと、ミネラルウォーターに分類されます。

ボトルドウォーター

ピュアウォーター(RO水)も大まかに分類するとこちらに含まれます。
地下水を原水としていない、純水や蒸留水、河川、水道などの水を、
飲めるように調整してボトリングしたものをさします。
殺菌などの処理方法に限定はなく、飲めればOKとも言い換えることができる水です。
スーパーなどで配布している水は
原水が水道水のボトルドウォーターが大半だといわれています。

ウォーターサーバーの機能やデザイン

ウォーターサーバーは部屋やオフィスなどに置くことが多いため、人目につくほか、インテリアにも影響します。
そのため、最近ではウォーターサーバのデザインを重視する方も多いそうです。

各メーカーにより異なるウォーターサーバーの機能やデザインも、ある程度大まかに分類することができます。
今回は、代表的な5タイプに分けてご紹介します。

ウォーターサーバーの機能やデザイン
ロングタイプ

必ずと言っていいほど採用されている、最もスタンダードなウォーターサーバーです。
かつては場所をとると言われていてたロングタイプですが、
最近ではちょっとした隙間にぴったり収まるような、スリムなものが増えています。
床置きのロングタイプはインテリアにもなるため、
アクアクララのようにおしゃれなものも増えています。

ショートタイプ

ロングタイプと似たデザインで、高さを半分ほどにしたウォーターサーバーです。
卓上タイプとも言われており、台の上や机の上などに置いて使います。
床に置くスペースがない、ワンルームのお部屋などで人気のタイプです。
フレシャスのように、非常にデザイン性の高い
卓上タイプを置いているメーカーもあります。

ガロンボトルタイプ

多くのウォーターサーバーが採用しているタイプです。
頑丈なガロンボトルを採用しているため、高温や低温といった温度差に強いことや、
変形しにくく、衝撃に強いといった特徴があります。
ただし、このタイプのボトルは業者が回収しているリサイクル式のもののため、
場合によってはボトルの傷が目立つこともあるようです。

やわらかボトルタイプ

頑丈なガロンボトルとは違い、
柔らかいペット樹脂でできているボトルを採用しています。
このタイプはワンウェイ方式のため、空ボトルはそのままゴミとして処分可能。
ガロンボトルのデメリットであった空ボトル保管のスペースや、
ボトルを引き渡す必要がなくなったため、
一人暮らしの方などに需要の高いタイプです。

パックタイプ

フレシャスなどに採用されている、ボトルとは違った新しいタイプです。
最大のメリットは、サーバーの外にボトルが露出しないため、
インテリアを重視する方にもうれしいオシャレなサーバーが多い点です。
また、パックタイプの場合もやわらかボトル同様に回収がない上、
ボトルのようにがさばるゴミが出ないため、
ボトルタイプ以上に省スペースが実現します。

ページの先頭に戻る↑